ツルネ 8話感想とネタバレ 波乱の県大会予選

テレビアニメ「ツルネ-風舞高校弓道部-」第8話のあらすじと感想をまとめています。
ネタバレも含みますので、知りたくない方は読み進めないでください。

また、当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『ツルネ-風舞高校弓道部-』 8話「矢を向けて」のあらすじ

初めて挑む公式試合の団体戦。

前日の個人戦は納得できない結果で終わってしまった海斗でしたが、団体戦に向けてやる気に満ちています。湊も久々に見た愁の射に刺激を受け、奮い立っていました。

緊張している遼平、いつも通りの七緒、冷静な静弥。各々が様々な心境で試合開始を待っていると、開始直前に射順が変更されることになり・・・。

 

 

『ツルネ-風舞高校弓道部-』 8話の感想(ネタバレ有)

大会2日目、いよいよ団体戦です。

みんな緊張のせいか表情が硬いですね。

特に海斗はいつもより目つきが悪くなっています。そこへ追い打ちをかけるように告げられたのは、射順が変更になり桐先高校と同じ組になってしまったということでした。

個人戦のリベンジができるとやる気満々な海斗ですが、マサさんからは気負うなと注意されてしまいます。

個人戦でも気負いすぎて失敗してしまいましたし、ちょっと心配ですね。また、湊も愁と同じ組になったことでどこか複雑な表情。マサさんも心配事が多くて大変ですね。

 

愁と共に弓道を習っていたころのことを思い出している湊。

湊は今よりもっと元気でやんちゃな印象ですね。愁は今と同様、幼いころから落ち着いて大人びた様子です。

思い詰めた表情の湊を心配そうに見つめる静弥。遼平もいつもと違って緊張した硬い表情ですね。

みんなが桐先との対戦に向けてやる気に満ちている中、七緒は少し暗い表情です。海斗に言われた言葉に思うところがあるようです。

 

試合が始まりますが、やはり調子が悪い様子の海斗。

緊張からか思うように力を発揮できない遼平。静弥と七緒はいつも通り落ち着いた様子ですが、湊はやはり早気になってしまいます。

遼平は弦切れも起こしてしまい、風舞高校の結果はボロボロでした。一方桐先高校はみな順調に的中していましたね。

 

落ち込んでいる遼平に声をかけてくれたのは弓具店の中崎さんでした。もっと自分を信じろと遼平にアドバイスをくれます。中崎さんとマサさんはやはり知り合いだったようですね。

二人の会話から、マサさんも指導者として悩んでいることがわかります。今は彼ら自身で乗り越えるべきところだと判断し、見守っているようです。

 

思い詰めた様子の海斗には七緒が声をかけますが、海斗を怒らせてしまいます。

それでも七緒はいつも通り飄々としていて、海斗は冷静さを欠いていた自分に気づかされたようです。二人の様子を見ていた湊が七緒に声をかけます。

七緒は海斗のことを本当によくわかっていて、いつも海斗のために行動しているということがよくわかるシーンでした。

弓を弾くのも海斗のため、だからこそ七緒には揺るがない強さがあるのでしょう。

七緒から弓を弾く理由を聞かれた湊。この質問に、湊は弓を始めたきっかけを思い出し、吹っ切れた表情を見せました。

早気になったきっかけと海斗の調子が悪い理由は、勝利へ執着だったのだと湊は気づきます。

勝たなければいけない場面で、勝ちたいという気持ちが逆に勝利を遠ざけてしまう。弓道の難しさを改めて感じました。

二回戦、湊は綺麗な射を見せます。それに応えるようにみんなも調子を上げていき、良い結果を納めることができたようです。

トータルの成績は四十射中二十中、予選を通れるか微妙なラインでしたが、なんとか予選を通過することができました。

全力で喜ぶ遼平と、安心して力が抜けてしまう4人が可愛かったです。今回の予選を通してより絆が深まったようですね。

 

帰ろうとする湊は愁に声をかけられます。

愁は湊を自分と対等だと認めていて、自分がより高みを目指すために必要な存在だと考えているようです。湊と別れた愁の前に現れたのは静弥でした。

あまり湊を焚きつけるなと注意する静弥に対し、静弥は弓を愛していないと、冷たく突き放す愁。驚いた様子の静弥でしたが、愁の言葉をどう受け止めたのでしょうか。

 

スポンサーリンク


『ツルネ-風舞高校弓道部-』原作との比較、考察

今回の県大会予選、結果は原作も同様なのですが、そこまでの過程についてはアニメオリジナルの展開になっていました。

七緒と海斗の話や、湊が早気を克服する場面もアニメオリジナルでした。

描き方は違いましたが、愁の湊に対する評価は原作でも同じように表れています。しかし、最後の静弥と愁の会話は原作にはないシーンです。

湊、海斗、遼平は純粋に弓が好きだからこそ上手くなりたいし、試合に勝ちたいと思う気持ちが強く、その気持ちが射に影響してしまいがちです。

それに対して、静弥が弓を弾く理由は明らかになっていませんが、おそらく静弥と七緒は弓を弾く理由が3人とは違っていて、だからこそいつも冷静で射に揺るぎが少ないのですが、七緒や愁が言うように、成長に限界があるかもしれません。

大きく二パターンに分けられた弓との向き合い方があって、その対比が出ていた回だったように思います。それぞれの想いを抱えたメンバー5人が、この先どのように成長して行くのか、とても楽しみです。

『ツルネ-風舞高校弓道部-』見逃し動画を無料で安全に見る方法をご紹介

『ツルネ-風舞高校弓道部-』を期間限定で視聴

『ツルネ-風舞高校弓道部-』8話動画は以下のサイトから期間限定配信で視聴することができます。

GYAO! 

AbemaTV

TVアニメ『ツルネ-風舞高校弓道部-』8話の無料視聴のより詳しい情報を知りたい方はこちらの記事からご覧いただけます。

ツルネ 8話 動画 無料で見る方法はこちら

『ツルネ-風舞高校弓道部-』まとめ

ギリギリでしたがなんとか県大会に進むことができましたね。
あまり良い試合とは言えないものでしたので、県大会ではリベンジしてもらいたいです。

しかし、最後の愁と静弥の会話、なんだか不穏な空気でした。
県大会前にまだ何か問題が起こりそうな予感がします。次回の放送も楽しみですね。

ツルネ 8話 動画 無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク


コメント