ツルネ 6話感想とネタバレ考察あらすじ ライバル校・桐先高校登場!

テレビアニメ「ツルネ-風舞高校弓道部-」第6話のあらすじと感想をまとめています。
ネタバレも含みますので、知りたくない方は読み進めないでください。

また、当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『ツルネ-風舞高校弓道部-』6話「弓を引く理由」のあらすじ

私立桐先高校弓道部に在籍する1年生の藤原愁。

華やかで風格のある射をし、周りから「貴公子」と呼ばれています。強豪・桐先高校弓道部の中でも抜きん出た実力を持ち、上級生たちを圧倒します。

その実力は、県大会予選出場メンバー選抜の校内試合でも発揮されて・・・。

スポンサーリンク


『ツルネ-風舞高校弓道部-』6話の感想(ネタバレ有)

風舞高校はテストに向けて翌日から部活が一週間休みということで、弓道部の部員たちは早めに集まってきました。たしかにテスト前に部活が休みになる学校は多いんじゃないでしょうか。

海斗は「弓返り(ゆがえり)」をさせたいとマサさんに相談します。遼平が示していますが、
「弓返り」というのは矢を離した反動で、弦が前腕の外側へと回ることです。

上達すれば自然にできることのようですが、海斗は早く「弓返り」を起こしたいようです。

マサさんは正しい射をすることに集中しろと言い、正しい射を実践して見せます。

マサさんの射を見た他の部員たちも、それぞれアドバイスを貰おうとマサさんに詰め寄ります。みんなマサさんの射に感銘を受けた様子でしたね。

学業も大切なので仕方ないですが、一週間練習ができないこと、やはりみんな不満に思っているようです。

部活が終わり後片付けの最中、湊はマサさんの師匠がマサさんの祖父だという話を聞きます。また、テストで赤点を採ったら「ゲボT」、つまりまた下僕にならなければならないことに。

部活をやるためにも赤点は逃れたいところです。

帰り道、道端でアイスを食べながら話す男子部員5人。すっかり5人でいるのが馴染みましたね。桐先はテスト期間の部活停止はなかったそうです。

たしかに私立の強豪校だと部活への力の入れ方が違いますよね。また、話題はマサさんの話に。マサさんの師匠、おじいさんはマサさんの語りぶりからすでに亡くなっているようです。

マサさんの師匠ですからきっと相当な腕前だったのでしょう。落ちそうになった湊のアイスを、遼平がパクリと食べてしまうシーンが可愛かったです。

あれはほとんど遼平が食べちゃってましたね。

桐先高校の練習風景。双子の菅原千一と万次は1年生です。本当にそっくりですね。

前髪を左分けにしているのが千一で、右分けが万次だそうですが、それ以外で判別するのは難しいようです。

そんな双子の練習中の私語を注意したのは部長の本村宏樹。彼は既に3話で登場し、遼平と接触していましたね。

その隣でアイドルのうちわを持っていたのは、副部長の佐瀬大悟です。そして「貴公子」と呼ばれている藤原愁。桐先では県大会予選への出場選手を校内試合で決めるようです。

実力主義な学校なのですね。

風舞高校弓道部の部員たちは、それぞれ練習のない期間を過ごしています。

湊と静弥は中学時のチームメイト、藤原愁の話をしていました。

湊は愁に不安な気持ちもあるものの、再会を楽しみにしているようです。

一方桐先高校では校内試合が行われています。1年生の菅原兄弟と愁は一緒に休憩していますが、仲が良いわけではないようですね。

そこへ2年生の椛島がやってきて、大会の出場権を上級生に譲るように言います。菅原兄弟は応じる気はないようですが、愁は何か考えているようです。

居酒屋でのマサさんとトミー先生の会話は、マサさんの師匠の話。トミー先生はマサさんがコーチを引き受けたことが意外だったようですが、マサさんは師匠への復讐のためだと言います。

師匠としてのおじいさんに不満があったマサさんは、コーチとしておじいさんを超えたいと思っているようです。マサさんなりの目的があって彼らを導こうとしていたのですね。

桐先高校では大会出場者が発表され、1年の菅原兄弟と藤原愁も選ばれます。

また、選手リストが風舞高校に届き、湊たちはそこに愁の名前があることを確認したようです。いよいよ県大会予選へと話が進んでいくようですね。

スポンサーリンク


『ツルネ-風舞高校弓道部-』 原作との比較

海斗の「弓返り」の話。原作では合宿中にマサさんに相談しています。

また、原作のこの場面では、マサさんの師匠の話は出てきません。マサさんとトミー先生の居酒屋でのシーンもアニメオリジナルです。

桐先高校の校内試合のシーン。愁と菅原兄弟の関係は、アニメのようなよそよそしさはありませんでした。原作はもう少し仲の良い様子でしたね。

湊と静弥が桐先中学出身だということは、原作のこの時点ではまだ他の部員たちは知らされていません。ですが、学校帰りに5人で話していたシーンもアニメオリジナルなので、桐先の話や、マさんの師匠の話が出てきています。

このように原作と時系列が違う話や、原作にないシーン、少し内容が異なるシーンなど、アニメオリジナルな部分は多数見受けられます。

『ツルネ-風舞高校弓道部-』見逃し動画を無料で安全に見る方法をご紹介

『ツルネ ―風舞高校弓道部―』を期間限定で視聴

『ツルネ ―風舞高校弓道部―』6話動画は以下のサイトから期間限定配信で視聴することができます。

GYAO! 

AbemaTV

TVアニメ『ツルネ ―風舞高校弓道部―』6話の無料視聴のより詳しい情報を知りたい方はこちらの記事からご覧いただけます。

ツルネ 6話 動画 無料で動画を視聴する方法はこちら

『ツルネ-風舞高校弓道部-』6話まとめ

風舞高校は部活動がお休みということで、マサさんの話や、桐先高校の話がメインの回でした。マサさんがコーチを引き受けたのにはこんな理由があったんですね。そして、ライバルである桐先高校弓道部のメンバーが出てきました。次はいよいよ県大会予選。果たしてどのような結果になるのでしょうか。次回もとても楽しみですね。

あわせて読みたい!

ツルネ 6話 動画 無料でアニメを視聴はこちらから

 

スポンサーリンク


コメント