ツルネ アニメ 3話の感想とネタバレ ついに風舞高校弓道部始動!

テレビアニメ「ツルネ-風舞高校弓道部-」第3話のあらすじと感想をまとめています。

ネタバレも含みますので、知りたくない方は読み進めないでください。

また、当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

『ツルネ』3話「出会いの矢先」あらすじ

風舞高校弓道部へ入部した湊。

部へと勧誘していた静弥、遼平はもちろんのこと、如月七緒や女性部員からも歓迎ムードで迎えられた湊でしたが、小野木海斗はころころと考えを変える湊のことを部員として認められないと突っぱねます。

なんとか海斗とのこころの距離を縮めたい湊でしたが・・・。

『ツルネ』3話の感想とネタバレあり

ついに風舞高校弓道部へ入部することになった湊。

しかし入部早々、海斗に厳しい言葉をかけられてしまいました。早気を克服するためにも入部を決意したわけなので、海斗の言葉は辛いですね。海斗が弓道に対してまっすぐな男だからこその発言ではありますが、先が思いやられます。

部活が始まる前の一コマ。

女子生徒から人気のある七緒ですが、女子部員の花沢と白菊は冷たくあしらっているようです。2人のいうように、女子の部長である妹尾はかっこいいですもんね。入部しなかった入部希望者たちについて、七緒や海斗は理由にされただけで遅かれ早かれ辞めていた、とバッサリ切ってしまうところも男前です。

遼平は「早気」について自分なりに調べようと図書館へ。

そこで出会ったのは弓道経験者の青年でした。彼に紹介されて「中崎弓具店」へ向かい、早気を克服した人の日記を見せてもらいました。この日記もマサさんのものでしょうか。湊がマサさんにもらったノートの字と同じようにも見えますね。

湊も早気を治すために朝から朝練を行っています。

好きなことだからこそ、思い通りにいかないってとても辛いことだと思います。一度は逃げた湊でしたが、もう一度向き合う決意をした湊は、遼平の言うようにとてもかっこいいですよね。

そんな湊の練習に対しても突っかかってくる海斗。

彼も弓道に対して人一倍真剣で、だからこそ、最初中途半端な態度とっていた湊が認められないという気持ちもわからなくはないです。

湊と海斗の関係をなんとかしたい遼平。

そんな友達想いの遼平の気持ちに動かされた七緒もまた、2人の関係を良くしようと計画を立てます。湊を想う遼平の気持ちを信じると言った海斗。まだ素直になれないところがあるようですが、朝練中の湊と静弥の会話を聞いて、湊に対する考えも変わったみたいですね。

朝練中の湊と静弥の会話も印象的でした。湊にもう一度弓道をやってほしいと願っていた静弥、自分の誘いではなかなか動かなかった湊が、どうして再び弓道をやろうと思ったのか、やはり気になりますよね。「おかえり」「ただいま」と言いあう2人。再び一緒に弓道ができることになって良かったですね。

今回は桐先高校の弓道部も少し登場しました。

遼平が図書館で知り合った青年は桐先高校弓道部の部員だったようです。弓道の名門校である桐先高校には、湊と静弥の中学時代のチームメイト、藤原愁が所属しています。今後の風舞高校弓道部のライバルとなるのでしょうか。彼らの活躍にも期待です。

最後にはマサさんが再び登場しました。

なんと弓道部の指導をしてくれるそうです。どうやら海斗もマサさんを知っているようでしたね。マサさんの登場で、今後の風舞高校弓道部の動向がますます楽しみになりました。

『ツルネ』原作との比較

ノベル版「ツルネ-風舞高校弓道部-」との比較です。

遼平や七緒、静弥が手を貸して、海斗が湊のことをとりあえず認めるという流れは原作にはないところです。原作だと部の活動の中で湊に対する考えは変わっていきますが、きっかけとしては合宿での出来事が大きかったように思います。

また、アニメでは遼平が図書館で桐先高校弓道部部長の本村宏樹に出会いますが。原作では大会前に彼らが出会うことはありません。これもアニメオリジナルのシーンのようです。

所々原作とは違った展開もあるので、原作を読んでいても予測できない部分もあり、そこがまた面白いですね。

『ツルネ』3話動画の見逃し配信を無料でかつ安全に視聴する方法をご紹介

TVアニメ『ツルネ』3話の無料視聴のより詳しい情報を知りたい方はこちらの記事からご覧いただけます。

ツルネ 3話 動画 無料でアニメ見逃し配信比較まとめ

『ツルネ』3話感想 まとめ

いよいよ風舞高校弓道部が始動しました。

まだ海斗は完全に湊を信用したわけではないようですが、今後どのように彼らが本当の仲間になっていくのかが見所です。また、マサさんもコーチとして彼らに関わることになります。ライバルである桐先高校も出てきましたし、今後の展開が楽しみですね。