SSSS.GRIDMAN 12話 感想ネタバレ 君を退屈から救いに来たんだ…

アニメ「SSSS.GRIDMAN」12話のあらすじと感想をまとめていきます。

当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『SSSS.GRIDMAN』12話あらすじ

1つになった裕太とグリッドマンは真の姿へと覚醒する。そして全員の心を繋げ、最後の戦いに挑む。

引用:『SSSS.GRIDMAN』公式サイト

『SSSS.GRIDMAN』12話感想

とても迫力のある戦闘シーンと特撮版の「電光超人グリッドマン」に変身するシーンで大満足です。ただ、アカネを救い出したアンチ、アカネの心を救った裕太、アカネに最後の別れを告げた六花の三人に対して、内海があまりが活躍することが無かったのが少し残念でした。それでも、アレクシスという悪役の大ボスを正義のヒーローが立ち向かって倒す王道展開はとてもよかったです。特撮版の要素をうまく組み込みながら、ここまで面白い展開にできたのは、素晴らしいですね。また、ラストシーンで目を覚ました少女は恐らく、アカネなのでしょう。実写でしたが、六花の渡した定期入れがあったことから確定だと思います。全体的に盛り上がる展開が多く、楽しい作品でした。

スポンサーリンク


コメント