シグナルドラマ4話あらすじネタバレと感想  未来からの言葉を信じることができるのか?!

長期未解決事件捜査班は1997年に起こった連続殺人事件の再捜査を始め、三枝健人(坂口健太郎)は偶然手にした無線機が今1997年とつながっていることに気づき事件をこれ以上起こらないように、無線の先である刑事の大山剛志(北村一輝)にこちらの現在の情報を伝え、遺体となって発見されるはずの被害者を未遂事件とすることができる。

健人は、被害者がみんな同じバスを利用していたことに気がつき、バスに乗っていた人が他にはいなかったのか当時のバスの運転手田中修一(モロ師岡)を尋ねるが、唯一の田中の手がかりを知っていた元同僚である八代英子(真瀬樹里)が遺体となって発見される。

しかも、その遺体はなんと今捜査している連続殺人事件の犯行の特徴とそっくりだったのだ。連続殺人事件の犯人がまたも動き出したと睨んだ健人は、次なる事件を防ごうと過去とつながる無線機に呼びかける。そのころ1997年では、無線から聞こえる健人の話を聞き、次なる被害者が北野みどり(佐久間由衣)だと知る。大山はそんなはずがないと困惑するが、健人の言葉通りみどりの元に向かう。
みどりはバイト先にはもう姿もなく大山は必死に探し回る。健人も2018年での事件記録の北野みどりが遺体で発見という文字が過去によって書き換えられるのを待つがなかなか変わらない。
大山は、健人の言葉を信じみどりを助けることができるのか…。

シグナル4話あらすじとネタバレ

無線で大山に知らされたのはあまりにも信じたくない結末だった。
大山はみどりを救えるのか?!
みどりを探し走り回る大山だったが、みどりと思われる女性の悲鳴が聞こえる。

2018年では新たにおきた八代英子殺害事件について、過去の連続殺人事件の口封じのために殺害されたと推測し捜査をはじめる。殺害現場付近の防犯カメラ映像と現場に残された指紋から犯人はバスの運転手であった田中であることを突き止め、桜井美咲(吉瀬美智子)が身柄確保に向かう。田中のアパートの住人から、田中は息子の病院に行っていることを突き止めてその病院に向かうのだった。

健人は、再びバス会社を訪れ田中が運転していたバスの運行記録を調べると同時に田中には息子がいることを知る。バスを運転し勤務中だった田中が犯行できなかったということは、やはりバスに連続殺人の犯人が乗っていたはず…

健人は、田中の息子が犯人だということがわかり美咲に連絡をする。美咲はまさにその息子の病室にいて、田中の息子が犯人だと聞き驚いて振り返ると大山の息子が突然襲いかかる。健人は美咲が危ないことに気づき急いで病院にむかう。美咲はなんとか抵抗し、健人達が田中の息子を取り押さえるが、それとまさに同時刻に田中が自首をして過去の連続殺人事件も全て自分がやったと認めたとの連絡が入る。

いつもの時刻にまた無線はつながり、健人は大山になぜみどりを救えなかったのか問うが、大山のみどりを救えなかった悲しみは強いものであり写真だけの捜査で何がわかるんだと泣きじゃくるのだった。事件現場を見てしまった大山の悲しみは図りしれるものではなかった。犯人を殺したいとまでいう大山に、そんなことをしたら犯罪者になってしまうと健人はいうが無線機の前に大山の姿はなかった。

田中は全ての事件は自分が犯人であると語るが腑に落ちない長期未解決事件捜査班は過去の連続殺人事件の犯人は田中の息子である証拠を探すのだ。健人は、八代の部屋が荒らされている様子から犯人は何かを探していたのだと考える。八代は過去の連続殺人事件の犯人が田中の息子である証拠を隠していると考え、健人は八代の家の様子を思い出す。そこで、八代の部屋に置かれていた城西銀行のカレンダーやコップ、メモ帳などを思い出す。

警視庁では取材人に向け、過去の連続殺人事件と八代殺害事件の犯人は田中であると発表しようとしたところに、美咲が現れ全ての事件の真実が明かされるのだった。

八代はやはり城西銀行の貸金庫に田中の息子が犯人である証拠を隠していたのだ。その証拠で田中は八代に脅され、毎月お金を振り込んでいたことも発覚。事件は、過去の連続殺人事件は田中の息子の犯行、八代殺害事件は田中による犯行であることを発表するのだった。

シグナル4話あらすじとネタバレ

田中は過去に一度、大山によって息子が犯人であることを突き止められていたのだ。みどりを殺害された大山は、田中の息子を憎んでいたため執拗以上に殴り銃で殺害しようとしたのだ。田中の息子は驚いた拍子に建物の上から落下し一面は取り留めるものの不自由な体となってしまったのだ。田中は、田中の息子が事件の証拠もないことから捕まることはないが、この事故によって十分に罪は償っているといいだすのだ。

舞台は現在に戻り健人に、田中は息子は体の代償とし罪は償っているのに、なぜ今更過去の事件を掘り起こすのだ…というが、それ以上に殺された人達にも人生があったことを厳しく伝えるのだった。

健人は、大山との繋がりもあった連続殺人事件の被害者であるみどりがバイトしていたラーメン屋を訪れ、みどりのおかげで事件を解決してできたことを伝える。大山もまた過去にラーメン屋を訪れみどりを救えなかったことを謝りにくるがみどりは大山に支えられていたことを伝え感謝されるのだった。

またもや無線はつながり、健人は大山に連続殺人事件の犯人を逮捕したことを伝える。大山は、驚き証拠があったことを知るが大山の時代の技術では証拠だと認定することはできないものであることを告げその時代での事件解決はできないことを明かすのだ。大山に時間はかかったが事件は解決できたことに感謝を告げる。大山もまた、犯人を捕まえてくれた健人に感謝するのだった。

美咲は健人に、殺人事件現場を見るのははじめてだったのだろうと気遣うが、初めてではないと過去に殺人現場を見たことがあると意味深な言葉を残すのだった。

事件を一つ解決し、また新たな長期未解決事件へと立ち向かう健人と大山。次なる事件を無事解決することができるのか…。

シグナル 4話感想

過去と現在がつながっても、みどりを救えはできませんでしたが、犯人をやっと捕まえることができましたね!田中の息子を庇う気持ちには少し感動しましたが、その気持ちを犯罪の隠蔽ではない別なみんなが幸せになる方向に使って欲しかったですね。
また、健人の過去に何があったのかも気になる話がでてきましたね。次は過去と現在がどんな連携を見せるのか楽しみですね。

見逃し配信はこちら♪

【シグナルあらすじはこちら】

シグナルドラマネタバレあらすじ1話・感想 大山と健人が出会う

シグナルドラマあらすじ2話と感想ネタバレ 大山は生きていて過去が変わる?

シグナルドラマあらすじ3話の感想とネタバレ 大山は無事に助けれたのか?

シグナルあらすじ4話のネタバレと感想 未来からの言葉を信じることができるのか?!

シグナルドラマ5話のあらすじとネタバレ・感想 健人に監視の目が?

シグナルドラマ6話ネタバレとあらすじ・感想 咲に危険な予感が・・・

シグナルドラマ7話ネタバレとあらすじと感想 工藤は真犯人ではない…誰が?

シグナルドラマあらすじ8話ネタバレ感想 黒幕が見え健人の運命は?

シグナルドラマ最終回ネタバレあらすじ 大山は生き返るのか?