リリースザスパイス 12話 感想とネタバレ ツキカゲは永遠に

アニメ「リリースザスパイス」12話のあらすじと感想をまとめていきます。

当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『リリースザスパイス』12話あらすじ

モウリョウによる「ゲッカコウ作戦」が発令。急いで散布装置に向かうツキカゲだが、街中の人々の支配が進んでいった。

『リリースザスパイス』12話感想

命は二重スパイでしたね。脚本がタカヒロさんなので、命は本当にスパイで仲間も死んでしまうと思っていたのですが、いい意味で予想を裏切られました。生死不明だった初芽、カトリーナ、白虎の3名も生きていたので、いい最終回だったと思います。また、雪がツキカゲの記憶を消して普通の生活に戻る決断をしたのは悲しかったですね。しかし、モモとすれ違ったときに口元が笑っていたので、もしかしたら記憶が残っているのかもしれませんね。雪は「スパイはうそつき」と発言していたので可能性としてはありえます。何はともあれ、みんな生存した状態で最終回を迎えることができたので良かったです。

スポンサーリンク


コメント