ワンパンマン2期 5話(17話)感想ネタバレ 怪人協会の目的は?

アニメ「ワンパンマン2期」5話のあらすじと感想をまとめています。

ネタバレも含みますので、知りたくない方は読み進めないでください。

また、当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

ワンパンマン2期5話(17話)あらすじ

いよいよヒーロー狩り・ガロウとS級ヒーロー・金属バットの戦いも決着を迎える。

しかし、ムカデ長老はいまだに暴れ放題でさらにほかの怪人たちも集まってしまう。そこでとあるヒーローがやってくるが…

場所は変わり、スーパーファイト会場。参加選手たちの入場も終わり、いよいよ本戦が始まる。

軽い気持ちで参加し、周りに少し怪しまれているサイタマは果たして勝ち抜くことができるのか…?

さらに同時刻、ヒーロー協会本部は各都市での怪人討伐に対応ができていない。

あちこちに怪人が出現してしまい、ヒーローたちはピンチ。そして、ヒーローを倒し、怪人たちも自分の力に自信を持ち始めている。

ワンパンマン2期5話(17話)感想・考察ネタバレ

今回の話の目玉はガロウと金属バットの戦いとなっている。

二人の戦いの後の展開が気になるところだ。怪人協会と接触するガロウ。

しかしその勧誘を断ってしまう。

これはつまりガロウはただただヒーローを倒すことにしか興味がないということなのだろうか。

怪人たちとは目的が違い、だから怪人協会に参加しないということなのだろうか。だとすると怪人に対する敵意にも納得がいく。

また、同時多発的に起きている怪人による襲撃と、フェニックス男らがワガンマくんをさらっていったことは関係あるのだろうか?

ヒーローたちの戦力をそぐために行っているのではないか?

そしてヒーロー協会の支援者の息子を人質にしたということは怪人協会の目的はヒーロー協会の壊滅なのではないか?

どちらにせよ怪人たちが協力し合い、相性のいいヒーローと戦っているところを見ると何か裏があるのではないかと思う。

そして、スーパーファイト。

わざと弱い人たちを逆シードにして強者が勝ち上がりやすいようになっている組み合わせ。

これによるとサイタマはザッコスの後にバクザンと戦うことになる。過去2回優勝している強者だが、相手がサイタマだと考えるとすべてがフラグのようにしか思えない。

どんな戦いになるのかが楽しみです。

また,全体を通しての感想としては、正直テンポが速すぎるのかな、と思いました。

キャラクターたちのしゃべるスピードや動作が不自然に思えるほど早かったことが印象的でした。

また、フェニックス男がしゃべっているときの口の動きにも違和感がありましたし、前回に引き続きムカデ長老がCGだったことにはがっかりしました。

ネガティブなことはここらへんで止めておいて、次はポジティブなこと。

思ったことは、戦闘シーンがかなり作り込まれていると思いました。

残念ながらイナズマックス対リンリンは見られませんでしたが、ガロウ対金属バット、メタルナイト対ムカデ長老、サイタマ対ザッコスなど、長い戦いから短いものまで丁寧に作り込まれていて、見ていてとても楽しかったです。

ワンパンマン2期5話 原作との違い

今回の話は原作と大きな違いは特にありませんでした。

出てくるキャラも、話の展開もほぼ原作と一緒でした。

ワンパンマン2期の動画をもう一度見たい方

ワンパンマンを見逃した方やもう一度見たい方、地域によっては見れない方にはこちらの記事をご覧ください。

ワンパンマンの2期動画 5話(17話) の無料視聴する方法

ワンパンマン2期5話 次回へ期待すること

次回に期待することは、そろそろガロウから焦点が外れると思うので、各都市での怪人たちとの戦いやサイタマの戦いっぷりをもっと前面に押し出した戦闘シーン盛りだくさんの回を期待しています。

まとめとしましては、今回の話は終わりと始まり回なのかな、と思いました。

ガロウについて一旦落ち着いて、これからの敵は怪人たちになっていく。そして同時にサイタマの戦いも始まっていきます。

また、今回は3つの場所で同時並行に物事が進んでいて製作側は大変だったと思いますが、それでもかなりしっかりとまとまっていました。

アニメに対してこの考察のまとまりはあまりよくないですが、今後の展開に期待して、今回の考察を終わりにしようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。