うちのメイドがウザすぎる! 10話感想 父親の想い

アニメ「うちのメイドがウザすぎる!」10話のあらすじと感想をまとめていきます。

当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『うちのメイドがウザすぎる!』10話あらすじ

ミーシャが家でくつろいでいると、康弘から「連休が取れたので温泉に行こう」と提案されました。「めんどくさい」と素っ気ないミーシャでしたが、テレビでも人気のカピバラと一緒に入れる温泉と聞いて大喜び。しかも康弘と二人きりの為、「久々につばめと離れられる!」とテンションが上がります。しかし下手に情報を漏らすと、つばめは追いかけて来そうです。そこで、わしわしの家に泊まっている事にして旅立ったのですが・・・。

引用:『うちのメイドがウザすぎる!』公式サイト

『うちのメイドがウザすぎる!』10話感想

相変わらずシリアスとギャグのバランスが良く、見ていて楽しいですね。今回は康弘のお父さんらしい一面を見ることができたので、嬉しかったです。また、ミーシャが康弘のことを「パパ」と呼ばない理由も今回、明らかになりました。康弘はミーシャのお母さんの再婚相手のようです。康弘はミーシャにパパと呼んでほしいようですが、なかなか呼んでもらえず、悩んでいるようですね。

また、カモメに対するミーシャの対応は冷たいものでしたが、きちんとお礼を言えるあたり、優しくていい子という印象を受けました。

スポンサーリンク


『うちのメイドがウザすぎる!』に11話に期待すること

それぞれキャラの掘り下げは出来ていると思いますので、今まで通り、ギャグとシリアスのバランスを保ったまま進めてほしいと思います。欲を言えば好きなキャラである森川ゆいちゃんやみどりを出してほしいですね。

スポンサーリンク


コメント