東京喰種:re アニメ24話感想とネタバレ 喰種と人の共存

アニメ「東京喰種:re」24話のあらすじと感想をまとめていきます。

当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『東京喰種:re』24話あらすじ

黒山羊&〔CCG〕が、Vと激しい攻防を繰り広げていた頃、地下では金木と旧多の戦いが始まった。 和修分家に産まれた者たちの中でも突出した才能を持つ旧多は手強く、金木は苦戦を強いられる。 傷だらけになりながら、互いの思いをぶつけ合い、熾烈な戦いを続ける金木と旧多。
「あのとき リゼに 出逢う事がなければ――」
それは、果たして“悲劇”だったのか……? その先にある未来とは?

引用:『東京喰種:re』公式サイト

『東京喰種:re』24話感想

駆け足気味でカットしたシーンが多かったですが、原作通りの最終回でしたね。最終回で見せた釘宮理恵(什造)の泣き演技は漫画では表せないものでしたので、とてもよかったと思います。所々、原作を見ていないとわからない部分が見られましたが、「俺たちの戦いは続くEND」にならなくて本当に安心しました。しかし、戦闘シーンの多い作品ですから、もう少し動いてほしかったですね。シナリオも無理に詰め込まずに何クールかに分けてほしかったのですが、予算が厳しかったのかもしれません。それでも、『東京喰種』という世界観を掴める作品ではあったので良かったのではと思います。

スポンサーリンク


コメント