ゴブリンスレイヤー 7話感想ネタバレ 絶体絶命、ゴブリン達との死闘!

アニメ「ゴブリンスレイヤー」第7話のあらすじ、感想、原作との違いなどをまとめています。ネタバレも含みますので、知りたくない方は読み進めないでください。

また、当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。


 

『ゴブリンスレイヤー』 7話「死へ進め」のあらすじ

水の街でのゴブリン騒動が人為的に引き起こされたものだと考えたゴブリンスレイヤー一行は、地下水路の探索を進めていきます。

地下墳墓へたどり着いたゴブリンスレイヤーたちは、そこでゴブリンの大群に襲われます。何とか窮地を凌ぎますが、ゴブリンたちの猛攻はとまりません。

そしてついに、ゴブリンスレイヤーたちの前に、小鬼英雄(ゴブリンチャンピオン)が現れます。

『ゴブリンスレイヤー』 7話の感想(ネタバレ有)

一旦探索から戻ったゴブリンスレイヤーたち。女神官は法の神殿のお風呂に入っていました。過酷な戦いの合間、このように疲れを癒してるんですね。

しかし、妖精弓手はお風呂が苦手のようですし、他のメンバーはお風呂には興味がない様子です。

そこへ剣の乙女も入浴してきました。女神官は剣の乙女の体に、たくさんの傷があることに気が付きます。剣の乙女は、10年以上昔につけられた傷だと話します。

10年前と言えば冒険者として活動していたころです。その時彼女の身に何があったのでしょうか。

また、彼女はゴブリンスレイヤーに対し意味深な言葉を残しますが、それを聞いた女神官は、彼女がゴブリンについて知っているのではないかという考えに至ります。

ゴブリンを知っているというのは、今回のゴブリン事件について、彼女が何かを知っているということなのでしょうか。

一方ゴブリンスレイヤーは、手紙を出すために水の街のギルドに来ていました。妖精弓手は手紙の相手が牛飼娘だと思ったようですが、本当にゴブリンスレイヤーはそんな気が利いたことができるようになったのでしょうか。

また、ゴブリンスレイヤーはギルドに大鼠退治の依頼がないことを不審に思ったようです。街のギルドにいた他の冒険者曰く、この街にそんなものは出ないとのことですが、ではなぜそんな街にゴブリンが大量に住み着いているのでしょうか。

再び探索を進めるゴブリンスレイヤーたちは、地下墳墓へ辿り着きます。そこで入った部屋には、長い髪の女冒険者が囚われているように思えたのですが、それはただの罠。

それに気を取られているうちに部屋の入口を封鎖されてしまいます。

毒気を探知するために連れてきた金糸雀(カナリア)が鳴きだし、焦る一行でしたが、ゴブリンスレイヤーの持つ知識でその場を凌ぎました。ゴブリンスレイヤーは本当にいろいろな知識を持っていて、さらにあらゆる場面に備えて道具も準備していますよね。

この様々な知識と経験も彼の強さの理由なのでしょう。

そしてそこへ大量のゴブリン、さらには小鬼英雄(ゴブリンチャンピオン)が攻め込んできます。小鬼と呼ぶには大きさが違いすぎますね。

ゴブリンスレイヤーは小鬼英雄からの強烈な一撃で倒れてしまいます。さらに女神官も小鬼英雄に襲われ、他のメンバーも大量のゴブリンたちに囲まれ、絶体絶命の状況に。女神官の悲痛の叫びが、見ていて本当に辛いシーンでした。

ゴブリンスレイヤーは朦朧とする意識の中で、幼いころに自分の村がゴブリン達に襲われ、目の間で姉を殺された時のことを思い出していました。

そしてその記憶がゴブリンスレイヤーを奮い立たせ、彼はボロボロの体を引きずりながら、再びゴブリンたちと戦います。

ゴブリンスレイヤーも相当な痛手を負っているはずですが、ゴブリン達を倒していく様は、非常に鬼気迫る様子でした。

なんとか小鬼英雄を追い込みますが、ここは逃げられてしまいます。追いかけるほどの力は彼らには残っていませんでした。

ゴブリン達がいなくなると、ゴブリンスレイヤーはついに力尽きてしまします。ここで今回の話は終わってしまいますが、相当な深手を負っていたゴブリンスレイヤー、一体どうなってしまうのでしょうか。

『ゴブリンスレイヤー』原作との比較

原作小説では2巻、原作コミックでは5巻に収録されているお話です。

多少簡略化されているものの、ほとんど原作通りの展開です。原作では戦いの状況がもう少し詳しく描かれていますが、やはり映像化されて声や音楽がつくと、過酷な戦いの様子がより一層伝わってきますね。

『ゴブリンスレイヤー』7話動画を無料で視聴できる方法

『ゴブリンスレイヤー』1話から無料で安全に視聴できる方法をより詳しく紹介していますので、ご覧ください。

ゴブリンスレイヤー 7話 動画アニメを無料をお得に見逃し配信【11月17日】

『ゴブリンスレイヤー』7話感想まとめ

苦戦を強いられた今回の戦い。目を背けたくようなシーンも多かったですね。なんとか生き残ることができたように思えましたが、最後ゴブリンスレイヤーは力なく倒れてしまいました。相当な深手を負っている様子でしたし、彼は回復できるのでしょうか。また、今回のゴブリン事件と、剣の乙女は何か関係があるのでしょうか。次回が非常に気になりますね。