崖っぷちホテル4話ネタバレとあらすじは川栄李奈がレギュラーになり少しづつ心開く従業員たち

「崖っぷちホテル」の4話(5月6日)のあらすじとネタバレをまとめていきます。

毎回ハラハラしますが、前回は少しずつ従業員も心を開き始めたので、このまま良い方向へ向かうはずが、また一波乱ありそうです。

スポンサーリンク


崖っぷちホテル 4話あらすじとネタバレ 丹沢が辞める?

降格人事に不満のある時貞(渡辺いっけい)と江口(中村倫也)を戦わせることで、従業員達のお客様に対する温かい想いも取り戻しはじめ、これからまた新しい気持ちでスタートできると思った矢先に、丹沢(鈴木浩介)がグランデインヴルサ辞めると言い出したのだった。

佐那は、丹沢から近くに建設予定のビジネスホテルが建つことを聞き宇海に相談するのだった。丹沢を含めて作戦会議をしようといいだす宇海だったが、丹沢はグランデインヴルサを辞めてその新しいビジネスホテルに転職するというのだ。従業員にも丹沢が転職するといい話が伝わり、みんなは動揺を隠せない。

なんとか辞めないでほしいと願う佐那だったが、なんと宇海は新しい人を探そうと言い出すのだった。そのことで従業員が集合すると、その場で今度は尚美(西尾まり)と大田原(くっきー(野性爆弾))も丹沢と共に辞めるというのだった。

ホテルは危機であることに動揺を隠せない従業員達をよそに、宇海は新しい門出だと喜びを顕にする。3人の歓送パーティーを盛大に開き、新たに3人の従業員の面接をはじめるといいだす宇海にまたもや従業員の気持ちはバラバラになっていくのだった。

新しいホテルは給料が良いということでお金さえあれば3人の辞職を阻止できると考えた江口は、庭の池で見つけた「幸運の食材」を使ってどうにかできないかと動き出すのだった。

従業員達がそれぞれ複雑な気持ちを抱えながら迎えた新しい従業員の面接の日。

しかし、面接に訪れる人は誰もホテルマンにはほど遠い人材であった。呆気に取られる従業員達だったが、面接の最後に訪れた宇海が声をかけた初老の男性小山内(長谷川初範)にはみんな好感を持つのだった。佐那の父である剛の姿に似ていると意見が一致し、仮採用することが決まった。

面接をしたものの、どうしても今のメンバーでホテルを続けたいという佐那だったが、宇海は愛情を持って送り出すことも大切だというのだった。

長吉(宮川大輔)と尚美も2人で長年に渡り清掃をしてきた中として残りわずかという時間に対して寂しい気持ちになってくるのだった。

仮採用となった小山内は、やはり優秀な人材でありすぐに仕事内容を把握し引き継ぎもスムーズに行われるのだった。歓送パーティーの当日となったが、料理場の江口とハルはどう3人を引き止めれば良いのか分からずにいた。

丹沢は小山内にホテルの中を説明しながら周る。昨夜、丹沢が庭を歩いていたのを発見した小山内は本当はこのホテルを辞めたくないのではと説く。しかし、丹沢はスッポンを探してたといい丹沢がこのホテルで働きはじめた頃の話をはじめる。

まだ学生だった丹沢がはじめて任されたのがスッポンの世話であり、そのスッポンがこのホテルの看板メニューとなり幸運の食材とまで呼ばれたが、数年経つと新しい看板メニューもできスッポンも仕入れできなくなってしまったという。スッポンは1匹となったが、その1匹は大事に育てられ厨房に運ばれることはなかったそう。なんと、以前の総支配人が食材として使われないように止めていたそうだった。

その想いを大切に1匹のスッポンのお世話をしてきた丹沢だったが、ここ最近そのスッポンが姿を消したというのだ。

そのことにも気づかない従業員達を見てこのホテルに対する思いがなくなってしまったという丹沢だったが、小山内は今でも大事に扱われているといい厨房に向かうのだった。そこにはなんとスッポンがいた。そのスッポンの扱われ方に衝撃を受けた丹沢はスッポンを持ち駆け出すのだった。

スポンサーリンク


崖っぷちホテル 4話あらすじ 丹沢の本当の心は?真相は宇海が知っていた

楽しそうに歓送パーティーの準備する宇海に、佐那はやはり丹沢に辞めないで欲しいと伝えることを告げる。

長吉と尚美も最後のベットメイキングをしていると、尚美はこのホテルを辞める理由を正直に話すのだった。尚美の想いに気づいた長吉もまた、同様の気持ちだということに気づきここに残ることを決意する。大田原も同じく最後の業務につくが寂しさがこみ上げ残ることを決意するのだ。

丹沢は、スッポンのことを誰にも気づいてもらえず他の従業員達にはそれぞれの仲間がいることを突きつけられ、今すぐにでもこの場から離れたいと帰ろうとするが、佐那がスッポンの存在に気づくのだ。「すぽ太郎さん」といい、最近見かけなくなったことを心配していたが同じく丹沢も探していることに気づいていた佐那は感謝を告げる。そして、今までの想いを告げ辞めないでほしいと伝えるのだ。

丹沢もまた、すぽ太郎さんの存在に気づいていない従業員達に嫌気が指した時にたまたま新しいホテルからスカウトを受け軽い気持ちで話を聞いたら、次から次へと話が進んでしまったと正直に話すのだった。もう契約もしてしまい遅いという丹沢だったが、このタイミングで宇海が準備していたくす玉が割れてしまうのだ。
すると、そこには「おかえりなさい」の文字が…。

宇海が戻ってきて、自分が紐を引っ張りたかったのに…と残念がるも、近くのビジネスホテル建設は中止になったと伝えるのだ。状況が把握できない従業員達だったが、小山内は実は新しいビジネスホテルを建てようとしている関係者であり、グランデインヴルサに来れば近くにホテルを建設することを考え直すだろうと宇海に頼みこまれ、みんなを騙す形でこのホテルの様子をみていたのだった。

グランデインヴルサの良さを体感した小山内は、新しいビジネスホテルの建設を中止してくれたのだ。

3人はまたこのホテルで働くこととなり、歓送パーティーではない喜びのパーティーをはじめようとしたが、その前にもう1人小山内さんを動かしてくれた協力者がいると。小山内の娘がこのホテルは良いホテルだからとの後押しもあったそうで、その小山内の娘が一緒に働きたいというのだ。その小山内の娘というのが、小山内裕子(川栄李奈)。以前ベットメイキングの研修に励んでいたあの子だったのだ。

新しく仲間も加わり、従業員の気持ちもグッと盛り上がってきたグランデインヴルサだった。
このまま突き進むかと思われたが、宇海の携帯が鳴り出しその電話は「バリストンホテル東京」からだった…。

崖っぷちホテル 4話の視聴率は?

さて、気になるのが視聴率です。

崖っぷちホテル4話の視聴率は7・0%。

初回は10・6%

2話は6・1%

3話は6・5%

崖っぷちホテルの裏話

崖っぷちホテル5話予告

崖崩れ4話の最後に川栄李奈さんが登場しました。今後は、レギュラーとして華を添えてくれそうです。

次は、ブライダルのようです。上手く行くのでしょうか?また、ハラハラしそうです。

崖っぷちホテル 第4話感想

今回は本当に騙されてしまいましたね。まさか、小山内さんが新しいホテルの関係者だったとは。
すぽ太郎さんと共に丹沢さんもいなくなってしまうかと心配しましたが、まさにハッピーな結果で良かったですね。このままホテルが立て直っていくんだなと思っていた矢先の宇海の電話。来週が気になって仕方ありません。宇海は今後どうなるのか?!

スポンサーリンク


コメント