映画「ドラゴンボール超ブロリー」映画のあらすじと感想をまとめています。ネタバレも含みますので、知りたくない方は読み進めないでください。

また、当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

ドラゴンボール超ブロリー あらすじ

(力の大会)後の地球で、南国の別荘に滞在していた。ブルマ邸に泥棒が入りドラゴンボール6個とドラゴンレーダーが盗まれた!防犯カメラに映った姿はフリーザ軍の部下のようだった。

破壊神ビルスと天使ウイスによって復活したフリーザが、何かを企んでいると考え最後の1個のある「氷の大陸」へ。

「氷の大陸」で、犯人を見つけた悟空たちにフリーザ軍が襲ってくる!
そこには見たこともない、サイヤ人の生き残りパラガスとブロリー。
ブロリーはベジータをまず標的に、そして悟空と壮絶な闘い!

闘いの混乱に紛れて、フリーザはパラガスを殺してしまう…
錯乱するブロリーは悲しみと怒りに任せ超サイヤ人に覚醒!
このままでは地球が危ない!

1対1の場合じゃないと流石に感じた悟空とベジータ。
2人でかかってもブロリーには勝てない!
すると錯乱したブロリーはフリーザを標的に。

その隙を狙って悟空はベジータを連れてピッコロの元へ行く。
30分だけ効果のある「フュージョン」しかないとベジータに告げる。
最初は拒否するベジータだが、このままではブルマや家族も消えてしまう…

仕方なくフュージョンし、ゴジータへと姿を変える!
氷の大地に戻ったゴジータは、フリーザの代わりに超サイヤ人になり挑む!
ブロリーはフルパワーになって、ゴジータの上をいく姿に!

超サイヤ人ブルーにまで変身するゴジータ!
渾身の力を放つ、ゴジータのかめはめ波を放つが!?

ドラゴンボール超ブロリー ネタバレ

かめはめ波で決着をつけようようとするゴジータ!
悟空たちは、ブロリーが根っからの悪人ではなく父親を殺されたためと気付いていた…

かめはめ波から間一髪逃れたブロリー。
何とか1命はとりとめだのだった…

実はブロリー親子は、新たな部下を探しているフリーザ軍の二人(チライ、レモ)によって仲間に加えられていたのです。

フリーザによって始まったサイヤ人同士の闘いでした!
2人のフリーザ軍は闘いを見て宇宙船で逃げようとし、フリーザいよって撃ち墜とそうとするがゴジータが止めます。

フリーザは捨て台詞に「仕切り直し」と告げて地球から離れていきました。

一方悟空は仙豆やホイポイカプセル、長い間困らないほどの、道具をブロリーたちに渡します。
悟空とブロリーは再戦の約束をしました。
そしてブロリーは満足したように帰って行ったのです!

ドラゴンボール超ブロリー 感想(ネタバレ含む)

待ちに待った「ドラゴンボール超ブロリー」を劇場で見た感想です!

今回もまた劇場版ではゴジータが大活躍!
まずは、ブロリーの姿が変わっていることに驚きました。
ベジータが超サイヤ人ゴッドになれることにも驚きましたね。

しかも相変わらずフリーザ軍はしつこい!
なぜ破壊神ビルスたちはフリーザを復活させてしまったのか??
不思議に感じる場面もありますが、どうしても観たかったのがドラゴンボール超ブロリー。

しかし、どれだけ闘ってもブロリーはやられません!
ハラハラするほど、激しい闘いが繰り広げられますからブロリーはかなり強いです!

しかも、ブロリーは劇場版でしか出てこない貴重な存在。
食い入るように観てしまいました!

そして、闘いの場面でパラガスを殺すシーンは残酷でしたね。
錯乱したくもなると思ってしまうほどでした。

「フュージョン」するのを拒むベジータには、相変わらずの頑固さでイラっとしましたね。
でも、ベジータは憎めないキャラです。
やっと納得してゴジータになり、ついには超サイヤ人ブルーにまで!

流石ベジータって思ってしまいます。
というかベジットですね!
実は個人的には、悟空よりベジータがかっこいいと感じています。

フリーザが逃げたり、再戦を約束する2人に対して期待が膨らみます。
「これは次どうなるか!」と楽しみになる展開でした!!

まとめ

映画版はやっぱり迫力があり楽しかったです!
ブロリーも強いなと思いました!
本編ではどうなるか楽しみでもあります。
そして、次の映画も期待したいです!!