コンフィデンスマンJP5話あらすじとネタバレ スーパードクター篇で結末は?

「コンフィデンスマンJP」第5話の結末までのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第5話は大病院を舞台に3人が大暴れします。今回のターゲットは総合病院女理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)。ダー子(長澤まさみ)がスーパードクターに扮して女理事長の悪事をあばき、大金を騙し取ります。どんな騙しのテクニックが繰り広げられるのか目が離せません。ボクちゃん(東出昌大)やリチャード(小日向文世)は今回、どんな活躍をするのでしょうか。

5話ラストまでネタバレしていますので結末を知りたくない方はご注意ください。

コンフィデンスマンJP5話あらすじとネタバレ 狙うは野々宮ナンシー

リチャードは虫垂炎を患った為、野々宮総合病院に入院をすることになった。野々宮総合病院には若き外科医として有名なスーパードクターの野々宮新琉(永井大)がいた。彼は野々宮総合病院理事長である野々宮ナンシー(かたせ梨乃)の一人息子であり、テレビのドキュメンタリー番組にも取り上げられるほどの有名人であった。

手術をすることに不安を抱えるリチャードの横でスーパードクターに手術して貰えるのだったら安心だと励ますダー子とボクちゃん。しかし、リチャードの執刀医はスーパードクターとは似ても似つかぬ田淵というパッとしない医者だった。田淵をみてダー子もリチャードも不安になるが、ただの盲腸だとボクちゃんは田淵先生の執刀で良いじゃないかとリチャードを説得する。

リチャードの手術から2ヶ月が経過した。ボクちゃんが道でリチャードの執刀医だった田淵を見かけたという。それも工事現場のガードマンをしていたのであった。不思議に思ったボクちゃんが田淵にしつこく話かけたところ、医療過誤で病院をクビになったと聞いたのであった。

驚くのはそれだけではない。田淵が病院でのことを洗いざらい話した。新琉が、名医だった父の意向で医師になり手術の腕は最低で難しい手術は田淵が代わりに全ておこなってきたということ。新琉の手柄はほとんどが他の医師の執刀によるものであったということ。

田淵があまりの薄給のために賃上げを求めナンシーに直談判するもナンシーの逆鱗にふれてしまい、田淵が他の病院に転職できないよう医療過誤をでっちあげ圧力をかけていたことなど。

ナンシーは若いころは芸能界で活躍した元モデルで、夫が亡くなってからは経営を引き継ぎ知名度とイメージ戦略で大成功を収めていた。新琉のブレイクもあり患者は賄賂をもって列をなし、ナンシーはその賄賂の値段で患者のランキングをつけていた。

お金を払えない患者は病院を平気で追い出していた。さらにナンシーは、患者からの金で毎晩ホストクラブに通い豪遊三昧の生活を送っていた。野々宮ナンシーという金の亡者を釣り上げ、リチャードの命の恩人でもある田淵のためにもナンシーや新琉を病院から追い出す計画を立てるダー子たち。

そして、田淵が病院をクビになった後、難しい手術が出来なくなり田淵に代わる新たな医者を探しているはずとダー子は目をつけた。

アメリカのボストンの病院で名医だというドクターデンプシーから指導を受けたという触れ込みでボクちゃんが医者になりすまし、野々宮総合病院に潜り込んだ。正式契約をして貰えるためにはオペの腕を見てからだとナンシーは言う。オペの腕を見せることを不安に思うボクちゃんはダー子に泣きついた。ボクちゃんの腕にダー子がトンカチを振り下ろした。

腕を怪我した為、手術は当分できないとナンシーに腕にギブスをはめてナンシーにボクちゃんは必死で訴えた。オペがつまっているのにと慌てるナンシーに、声が枯れているが大丈夫か?身体に問題があるのでは?といってナンシーの精密検査をボクちゃんはおこなった。ナンシーはゴルフで腰を痛めただけだと言うのだが・・・

しかしダー子たちの読みとは違って、健康に関してナンシーは全く問題が無かった。そこで五十嵐を使い精密検査の結果をでっち上げることにしたのだ。

心臓に大動脈瘤があるとして緊急のオペが必要だと新琉ともども思いこませた。そして、この手術が難しいオペであるため、手術できる医者が限られていると思わせた。田淵にしか出来ない手術で田淵を呼び戻す作戦ではあったが、今更頭を下げて呼び戻すことができないナンシーはボクちゃんにボクちゃんの指導者である名医のデンプシーに手術をしてもらえるよう頼んで欲しいと命じられる。

困ったボクちゃんがダー子のもとにいくと、ダー子扮するデンプシーの愛弟子であるドクターナオミがいた。そしてドクターナオミが手術を執刀するとボクちゃんを使ってナンシーと新琉に紹介させた。ドクターナオミはナンシーの手術を秘密裏に行う代わりに300万ドル大金を払うことを約束させたが、手術後にしかお金は払わないとナンシーは突っぱねた。

手術を本当にしなければならない状況となってしまったダー子たち。ダー子は空で手術の手順をしてみせる。それを見て本気でダー子が手術をするのではと必死で止めるボクちゃん。

そこにプレイボーイにでもなったかのようなラフな格好をしたリチャードが、今日は合コンだから作戦は手伝えないといって帰ってきたかと思うとすぐ出ていくのであった。

手術室を新琉と見学しにきたダー子とボクちゃん。モニター越しで新琉が手術をチェックすることに目をつけた。ナンシーの入院する部屋にダー子とボクちゃんが声をかけに入った。食事に手をつけないナンシーを心配するボクちゃんではあったが、ナンシーはイライラして食事をひっくり返し「こんなとこで死ねない!絶対死ねない」と叫んだ。

ドクターナオミ扮するダー子が優しく「心配なことがあるなら言ってください。ドクターと患者にとって大事なことはコンフィデンス=信頼だ」と優しく声をかけた。しかしナンシーはダー子なんかに頼みたくなかったと吐き捨てた。寂しそうな顔をしながら二人は病院の廊下を歩くのであった。

心臓を手術する映像を探すボクちゃん。そこにデートが入ったとジョージとういう男性と電話で話すダー子。下の部屋に彼女をお持ち帰りしたといって出ていくリチャード。ボクちゃんは一人部屋に残された。

コンフィデンスマンJP5話あらすじとネタバレ ナンシーの手術は成功したの?

手術当日を迎えた。ドクターナオミのチームメンバーをナンシーに紹介し、睡眠導入剤を飲むようナンシーに勧めた。

手術前にモニタールームで嘘の映像をしかけるボクちゃん。ナンシーが手術室に運ばれ新琉とボクちゃんがモニター室で手術の様子を見守る。そしていよいよ手術が始まった。メスを身体に入れるその時、映像が乱れた。ボクちゃんがモニターを確認したところ入れてあるはずのDVDが入っていない。

慌ててボクちゃんはダー子のいる手術室に入りフェイク映像が使えないと告げた。このままでは手術が嘘だとバレてしまう。そこでダー子は本当の手術を試み始めた。

躊躇することなくナンシーの身体にメスを入れ心臓手術を始める。しかし助手の五十嵐が血を見て倒れてしまい手元が狂った五十嵐のせいで血が吹き出てしまう。出血が収まらず心臓に電気マッサージをするもナンシーは危険な状態。モニター室で手術の様子を見て慌てる新琉。そんな時に病院を追い出されて辞めたはずの田淵がいた。ナンシーが本当に切ってほしかったのは田淵なのか。血だらけのナンシーを目の前に大笑いし始める田淵がいた。

ナンシーが自分にした仕打ちを手術室でぶちまけ始めた。無礼を詫びる新琉。高待遇で雇え、ナンシーを追い出し経営を自分にさせろと田淵が新琉に毒づいた。思い余ってボクちゃんは田淵を殴り飛ばした。

田淵は実は日頃より身だしなみも汚く患者さんに対しても口汚く接し態度の悪い振る舞いをナンシーから咎められていたのであった。他の病院にナンシーが圧力をかけていると田淵が言いふらしていたのは、本当は田淵が面接で落とされ続けていただけだった。

ナンシーが本当に切られたかったのは、腕はあまりよくないが、人の気持ちが分かる患者想いの医者である息子の新琉だった。しかし、新琉は死にかけの母ナンシーを目の前にして、自分には出来ない、偽物だと言い張る。ダー子とボクちゃんは、変わるなら今しかないと新琉に声をかける。

意を決しナンシーに向き合うも、新琉は自分にはできないと母を置いて逃げ出してしまった。

「撤収!」というダー子の一言で医療チームはナンシーの体の上に敷いてあったシリコンとファイバーグラスで作られたドラマでも使われる特殊造形を取り除いたのであった。偽物とは思えないくらい精巧に作られた心臓や身体の一部である。

この模型はジョージ松原(山田孝之)という特殊造形士が手がけたものであった。目を覚ましたナンシーはダー子とボクちゃんに夢を見たと言った。ダー子やボクちゃんが偽医者で田淵や新琉が逃げ出したと。ナンシーは300万ドルを振込み、見事ダー子たちは大金を手にした。

その後、ナンシーは経営から退き新琉のこともクビにしたのであった。ナンシーは新琉に医者を辞めさすことが最後の仕事だった。新琉もそうしようと思っていたのだとナンシーに告げる。前からやってみたかった仕事があったという。それはユーチューバーだった。

開腹をした後の傷口を抑えるシールを剥がすとそこにはマジックで書かれた縫い跡とハートマークに気づいた。それを見て大笑いをするナンシーであった。ナンシーはつきものが落ちたかのように人が変わった様子だった。

晴れてボクちゃんの望み通りナンシーが経営権を手放し新琉も病院から出ていくこととなったのだが、ボクちゃんはダー子に疑問を持つ。ナンシーの心境が変化することもダー子は分かっていたのか?ダー子はリチャードの術後の様子をみて人は大きな手術など死を強く意識する体験をすることで人生観が変わり性格や生き方が大きく変わると分析していたのだった。

ボクちゃんは盲腸の手術でそうなったリチャードを不思議に思うも、押さえ込んでいた欲望が現れる例もあることも知り、リチャードの変貌ぶりに呆れるボクちゃんがいた。

コンフィデンスマンJP5話【感想】

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第5話が終了しました。

大病院を舞台にリアルな手術シーンもあり、医療ドラマそのものを見ているかのようでした。今回の見処は何と言っても手術シーンなのですが、医療ドラマでお馴染みの患者さんのバイタルが下がる緊迫のシーンでダー子扮するドクターナオミが心臓を掴んだり電気ショックを与えたりするシーンは思わず笑ってしまいました。今回は特別ゲストに山田貴之さんも出演されており見応えがありました。

また、野々宮ナンシーという一見すると金の亡者の母とそれを良いことにやりたい放題をおこなう医者の息子という親子関係なのかと思いきや、息子思いの母親であり息子のために一生懸命な母が描かれていました。また息子も自分には手術の腕が無いことを自覚しており本当は患者思いの姿が描かれています。中でも、ダー子が医者と患者はコンフィデンス=信頼が大事と説得するシーンは何だか考えさられてしまいました。

悪党の人間味溢れる物語について描かれているのもコンフィデンスマンの見処のひとつかと思います。

山田孝之さんがチョイ役で出ていましたが、これは共演した映画「50回目のファーストキス」から。

こういう流れで出演が決まるのは、視聴者としても楽しみですね。

 

コンフィデンスマンJP5話の見逃し配信は期間限定♪

コンフィデンスマンJP5話は、期間限定5月14日の19時59分まで無料で見ることができます。

コンフィデンスマンJP5話は、期間限定5月14日の19時59分まで無料

コンフィデンスマンJP66話予告

第6話はゲストは内村光良さんです。土器や遺跡発掘といった考古学がテーマのようです。ウッチャンがどんな悪党でダー子たちがどのような罠を仕掛けてるのか?

<コンフィデンスマンJP5話予告>

見逃し配信はこちらから♪