青ブタ 8話 感想とネタバレ 双葉の葛藤

アニメ「青ブタ」8話のあらすじと感想をまとめていきます。

当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『青ブタ』8話あらすじ

自分が二人存在するという思春期症候群を引き起こし、咲太の家にしばらく泊まることになった理央。一方で“もう一人の理央”はSNSに思いがけない写真を投稿していた。そのことを同級生の上里沙希から教えられた咲太は、改めて理央と話をすることに。その行動の理由、そして思春期症候群の解決方法を探るため二人の理央から話を聞いていく中で、咲太はそれぞれが抱える悩みを知ることになり……

引用:『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』、第8話の先行場面カット

『青ブタ』8話感想

二人いた双葉が1人に戻り、駆け足気味でしたが、うまくまとめられていて面白かったです。7話の時点では、片方の双葉が偽物で片方が本物だと思っていましたが、8話を視聴した後では、考えが変わりました。恐らく、どちらも本物の双葉なのでしょう。「誰かにかまってほしい双葉」と「それを許さない双葉」不器用な双葉は見ていて可愛かったです。

また、最終的に電話越しで会話した後に一人に戻った双葉ですが、国見にも言えなかった想いを伝えることができて、心にゆとりを持つことができたのではないでしょうか。双葉のピンチに駆けつける咲太と国見もかっこよかったですね。この作品のキャラはみんな優しくて魅力的キャラばかりなので、ストーリーにも自然と引き込まれます。

アニメ好き20代
アニメ好き20代

主人公の梓川咲太の高校生活内の身の回りで起こる思春期症候群という不思議な現象を、ラブコメを織り交ぜているアニメで自分的にはいい青春の思い出になってるなーと思う。
なぜなら、国民的女優の可愛い先輩が彼女になったり、可愛い妹がいたり、男女の垣根を超えた親友がいたりとうらやましい。現代では考えられないようなオカルト的な要素も含まれている物語だがヒロインが可愛すぎるね。今回の8話ではその親友の双葉が思春期症候群になり、同じ人物が二人になったという話だが、男女の垣根を超えた親友と言っても可愛いしスタイルもいい。双葉が密かに秘める恋心が原因となって発症した思春期症候群。その心の思いを解き放ち、双葉が密かに思いを寄せるもう一人の親友の国見に告白をさせるというシーンは青春を謳歌してると言ってもいい。彼女がいる国見に振られる事がわかっていても思いを告げる事に意味がある。ほんとに青春時代を思い出すアニメだ。今回は咲太の彼女はあまり登場しなかったが、いずれにしろ咲太はほんとに羨ましい青春を起こっている。自分もそんな青春を体験してみたいを思うアニメの8話だった。

『青ブタ』8話を無料かつ安全に視聴する方法をご紹介

『青ブタ』を期間限定で視聴

『青ブタ』8話動画は以下のサイトから期間限定配信で視聴することができます。

GYAO! 

AbemaTV

TVアニメ『青ブタ』8話の無料視聴のより詳しい情報を知りたい方はこちらの記事からご覧いただけます。

青ブタ 8話アニメ動画を無料で見る方法はこちら

スポンサーリンク


『青ブタ』に9話に期待すること

9話終盤で登場した「豊浜のどか」は来週も登場するのか気になりますね。よく見てみると、麻衣の見ていたテレビにのどからしき人物が映っていました。メインキャラクターの一人なので、登場が楽しみです。

 

スポンサーリンク


コメント