青ブタ 10話 感想とネタバレ 大切な妹

アニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」10話のあらすじと感想をまとめていきます。

当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』10話あらすじ

女優・桜島麻衣としてCM撮影を上手くこなすことができず、次第に劣等感を強めてしまったのどか。その後も二人の身体が入れ替わった生活が続く中で、麻衣はのどかの所属するアイドルグループ“スイートバレット”の単独ライブを迎えることになる。チケットを渡された咲太とのどかは、ライブを見に行くが…

引用:「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」公式サイト

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』10話感想

アニメ好き20代
アニメ好き20代

内何より麻衣とのどかが仲直りすることができてよかったです。

母親と麻衣の想いを知ったのどかは精神的に成長することができたのではないでしょうか。麻衣はのどかから、送られてきた手紙をすべて保管しており、のどかの事がどれだけ好きか分かりますね。

母親の違いの姉妹でも、二人の想いは繋がっているということを知ることができました。麻衣と一緒の家に住むことになった以上、今後の話にも絡んでくると思いますので、楽しみです。

スポンサーリンク


10話は9話の続きとなります。

桜島麻衣と妹の豊浜のどか入れ替わってから随分と時間が経過しています、咲太が影ながら支えていることもあり、のどかも何とか麻衣の姿での生活をおくっています。

何気ないアドバイスなどしているところはさすが咲太です。のどかは本当に咲太に感謝ですね。

ある時のどかの姿の麻衣からスイートパレットのコンサートのチケットを渡されます。麻衣の姿ののどかと作太は一緒にコンサートに行きました。その麻衣のコンサートを見てのどかは更に麻衣の凄さに驚いてしまいます。

でも麻衣も努力してたからこそのパフォーマンスだということをのどかは理解できず自暴自棄になってしまいます。

帰りに突然海に行きたいと言うのどかに付き合い海に行くと、のどかは海に入って行ってしまいます。

さすがの咲太も止めに入り珍しくのどかを怒ります。でも怒るのも当然ですよね。自暴自棄になっていたとはいえ海に入るのを止め、びしょ濡れになっていまいましたし、麻衣の本当の気持ちも理解していませんでしたからね。

家に戻り麻衣の宝物ののどかからの手紙を見せながら、麻衣の本当の気持ちをのどかに教える咲太です。

本当は麻衣は妹を嫌ってはいなくて妹の手紙に励まされてここまでこれたんです。

のどかも麻衣の本当の気持ちを理解し、抱き合いながら仲直りをする二人です。

仲の良い姉妹に戻った瞬間に二人の姿も元に戻りました。思春期症候群が治った瞬間です。きっとお互いにそれぞれの大変さ、難しさなどを理解して尊重しあった結果なんだと思います。

その影の支えには咲太がいて気持ちの支えになっていたのは言うまでもありません

咲太は何気にかっこいいですね。麻衣が咲太に惚れるのも納得です。

10話の終わりに麻衣の事務所から麻衣に意味ありげな電話がかかってきていました。11話はまた波乱がありそうです。思春期症候群が発症するのでしょうか。

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』10話を無料かつ安全に視聴する方法

TVアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』10話の無料視聴のより詳しい情報を知りたい方はこちらの記事からご覧いただけます。

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』10話を無料で視聴する方法はこちら

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』に11話に期待すること

二人の思春期症候群を解決した矢先、麻衣と咲太が一緒に出歩いている所を撮られてしまい、問題になってしまいました。

週は麻衣と咲太を中心にした話になるのではないでしょうか。かえでが中学校に登校できるのかも注目していきたいですね。

 

スポンサーリンク


コメント