あかねさす少女 9話感想考察 あらすじ この世界の明日架はどうしているの?

テレビアニメ「あかねさす少女」9話のあらすじと感想をまとめています。
ネタバレも含みますので、知りたくない方は読み進めないでください。

また、当サイト独自の視点からお届けしますので、参考程度で読んでいただき、あくまでもエンターテインメントとしてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク


『あかねさす少女』9話あらすじ

前回、シリアスカがいった先は赤い世界で覆われた理由は赤いドーム状の「黄昏」でした。
小さい明日架がおばあちゃんと男の子を連れて走っています。

後ろからはドーム状の「黄昏」に街がのみこまれています。
シリアスカは管制室のようなところにいました。
無事、シリアスカのパラレルワールドについた5人。

ご神木からシリアスカがでてくる。

「帰れとは言わない。でもいずれ言う。その前に今の現状をみていくといい」

といいます。

明日架が「この世界の明日架はどうしているの?」ときくと

シリアスカは管制室に連れて行く、「明日架はこの世界では死に、クロエと優は接点がなかったからわからない・・・」とシリアスカ。

エロ優(パラレルワールドの優)は「黄昏」においかけられ、ほかの人と合流できなかった。

クラプターを保存しているとこをシリアスカがいう。そして、その世界では、剣術を使って練習姿を見せた。

明日架以外の3人のアストラルモジュールを回収しました。新しいアストラルモジュールを渡します。

次にオペレーションルームに入り、オペレーションルームで操作や通信をしているのは自分たちの世界で見たことのある別人格でした。

そして、敵対する「黄昏の王」に対して敵対する声が上がってきたところに、世界が不安定になり、シリアスカがよびだされた、ということだったようです。

「黄昏の王」がこの世界に現れる兆候があったことがわかりました。でもわかるのはここまで。どこでどう出現するのかまったくわかりません。

エロ優はオクターブで待ち合わせしようとしたが、オクターブは廃墟と化していたので、ご神木をめざすことに。
ご神木を目指している途中に、小さい子たちとあい、「黄昏の王」と勘違いされ、石や泥水などを投げつけられるが、監視カメラでみていたシリアスカがリーダーの子に電話して攻撃をやめてオペレーションルームに案内させます。

シリアスカが忙しそうなので、男の子が逃げて行ったのでそれを追ってみんなついていきます。
すると、オペレーションルームでは小さい黄昏が人間の顔にドーム状の赤いものをつくっています。
その奥にフードをかぶった男の子?がいました。

それが「黄昏の王」でした。

オペレーションルームで監視していた周波数もおかしくなり、「黄昏の王」が来た、といい、3人は変身します。

黄色い大きなぬいぐるみのようなものと戦う3人。エロ優はこの世界では変身できるはずなのに変身できない。

そして、敵の第2形態に移行します。攻撃は全然通じない。そしてシリアスカも変身し、戦います。

シリアスカの攻撃はそこそこ通ってよるようです。でも決定打がない。

ここの世界の住人ではない5人だけは逃がしたいと思ったシリアスカ。中央にあったご神木が消えようとしています。

そして黄昏を退けるエネルギー体を守る御神木のことを知ります。ですが、その事実を受け止める間もなく、基地内は突如黄昏の侵食に襲われ、雪うさぎたちが現れます。

その原因となったのは、御神木に触れ、なんらかの作用を与えるひとりの子供だった。侵食を止めるため、戦う一行。

加勢に現れたアスカも、なんとか子供の行動を防ごうと決死の一撃を放つ。だが、その行動は仇となってしまいます。

そして非常事態が発生し、「居住区のみんなはにげてください」と、アナウンスが流れます。シリアスカは男の子を明日架に託し、シリアスカはのこり、たたかうといます。

そして無理やりシリアスカに655.1の世界に戻らせます。明日架は何度も数字を入れ呪文を唱えますがなにもおきません。

5人がいるだけでシリアスカやエロ優はいません。

ほかの子は「もうやめよう」と言いますが明日架はシリアスカやエロ優が心配です。
これからどうなるのでしょう。

スポンサーリンク


『あかねさす少女』9話感想

男の子にはなにがあるのでしょう。

男の子がご神木が触れた瞬間その空間が崩れていくような感じでした。男の子は、元の明日架の世界にいっても大丈夫なのでしょうか?

そして「黄昏の王」とはなんなのでしょう。見た感じ、小さな子供という印象でした。「黄昏」が起きて街を飲み込むとどうなるのでしょう?

「黄昏の王」はなにがしたいのでしょう。そして目的は?いろいろ疑問点がでてきます。

パラレルワールドを題材にしたアニメはいろいろありますが、こんな頻繁に行ったり来たりそうないと思います。その点ではすごくおもしろいと思います。

テープは懐かしいと思いました。MDばかり聞いていましたが、カセットテープも懐かしくていいですね。

ちょっとレトロ感があって好きです。今はつかっている人はあまりいませんけどね。でも、デザインが今風でかわいいです。あんなにコンパクトだったらなぁ、と今は思います。

しかし、あの街はどうなっていくのでしょう。ほかのパラレルワールドでも「黄昏」が出てきているようなのでほかのパラレルワールドも心配ですね。ほかのパラレルワールドには行けるのでしょうか?

もしいけたら明日架たちはきっと助けに行くと思います。明日架は友達思いですし、ほっとけないし、シリアスカと一緒で正義感が強いので戦いに参加したいのかもしれないと思います。

だから、3人が戦って負けそうなとき、変身できない自分が悔しくてたまらなかったと思います。
明日架とシリアスカは双子だったんですね。

だから明日架に向かって「明日架はしんだ」といったんでしょうね。明日架は元の世界では一人っ子のようなので、自分と同じような「シリアスカ」にひきよせられたのかもしれません。

双子でそのうち1人が死んでしまったので、そのせいで本来、明るかったであろう、シリアスカが冷静で強い正義感をもっていて喜怒哀楽があまりない性格になってしまったようになったのではないかと思います。

そもそもシリアスカとであえたのも「明日架」という楔があったからだと思います。
そして、優にもパラレルワールドの「エロ優」がいますしそれも楔となったからなのか気になります。

よく、明日架が「~とちくわ様はおっしゃってます」といっていますが明日架が味噌屋を継ぐことしか考えてない→他の道が見えていない→ちくわから覗いているのはその比喩ってことなのでしょうか。

『あかねさす少女』見逃し動画を無料で安全に見る方法をご紹介

『あかねさす少女』を期間限定で視聴

『あかねさす少女』9話動画は以下のサイトから期間限定配信で視聴することができます。

GYAO! 

AbemaTV

TVアニメ『あかねさす少女』9話の無料視聴のより詳しい情報を知りたい方はこちらの記事からご覧いただけます。

あかねさす少女 9話 動画を無料で見る方法はこちらから

『あかねさす少女』9話まとめ

あと、ちくわに芯がないので他のフラグメントとアスカの性格全然違うことの比喩?なのでしょうか?
急な思い付きなのですが。
いつもCMで「~とちくわ様はおっしゃっています!」というのをみるので気になりました。
最初は「なんでちくわ?」と思っていましたがもしかしたら、自分のことを言っているのかな、とふと思いました。

あわせて読みたい!

あかねさす少女 9話 動画を無料で見る方法はこちら

 

スポンサーリンク


コメント